2010年に仮想化のパフォーマンスは重視されるのか?(20100104-1)

Monday, January 4th, 2010   |   原文はこちら (English)

ベンダー各社のマーケティング部門は、新しい仮想化プラットフォームや新しいサーバハードウェアを市場に投入する際にパフォーマンス分析のプロモーションに多くの時間を費やすが、果たして顧客は関心を持っているのだろうか?

現在、われわれには仮想インフラの計測を行うベンチマーク手法が「VMware VMmark」(2007年7月リリース)と「Intel vConsolidate」(2006年12月リリース)のわずか2つしかない。

ほかにもStandard Performance Evaluation Corp(SPEC)で標準手法の策定作業が進んでいるが、開発速度があまりに遅く、これのリリース時にまだハードウェア仮想化が残っているかどうかは実際のところだれにも分からない。
さらに、virtualization.infoでは2009年後半にIntel社がvConsolidateの開発を中止したとの情報も得ている(これについてはまだ正式な回答待ち)。

このことは、サーバやハイパーバイザーを比較する際にVMware社のベンチマークプラットフォームが顧客に与えられた唯一の選択肢になることを意味する。
すべてのベンダーがVMmarkを認めてサポートし、これを業界のデファクト標準にすれば文句のないところだが、残念ながらそのようにはいかない。これは、VMware社の使用許諾契約が同ツールを公に使用して個別の比較結果を公表することを禁じているためだ。3年が経過した今も(VMmark 1.0のベータは2006年12月のリリース)、VMware社ではVMmarkベースの分析に検査と承認の手続きを課している

だが、ここで責めるべきはVMware社ではない。
オープンで競争の激しい市場では、VMware社がその方針を変更するか、VMware社の競合各社がより優れたものを提供すべく協力しない限り、顧客は不満を表す。

ここ3年間、VMmark社のEULAに公然と不満を訴えた顧客はほとんどいない。
それには VMware ESXがあまりに長い間市場をリードしたため、ハイパーバイザーのパフォーマンスを比較するものを本当に必要とする場面があまりないこともあるかもしれない。また、大半の企業では製品評価の側面としてパフォーマンス測定が重要でないこともあるかもしれない。

一方で、ほかのベンダー各社(すなわちMicrosoft社、Citrix社、Oracle社、およびParallels社)から選択肢が出ないのは、どのベンダーも市場のリーダーと比較して自社製品の不備を際だたせたくないからかもしれない。
その不合理なEULAでVMware社を非難し、良い結果が出ない限り比較を一切認めない言い訳にこれを使う方がはるかに楽なのだ。

しかし、時代はもうVMware社の競合各社がますます熟成の進むハイパーバイザーをリリースし、顧客が本気で代替製品の評価を進め、異種仮想インフラで運用されるサイトがもはや珍しくない2010年だ。
そろそろオープンな比較を行うべきではないだろうか?それとも、パフォーマンス測定は単なるマーケティング活動に過ぎなくなってしまったのだろうか?


ラベル:



最新の記事
VMware社 Workstation 12 Pro、Player 12、Fusion 8 、Fusion Pro 8をリリース (20150825-1)

August 25th, 2015

VMware社は本日、Microsoft Windows向けのタイプ2クライアントハイパーバイザー製品Workstation Pro and Player12とMac OSX向けのクライアントハイパーバイザー製…

System Center向けVeeam Management Pack v8リリース (20150825-2)

August 25th, 2015

Veeam社は本日、Microsoft System Center Operations Manager (SCOM or OpsMgr)向けのManagement Pack Version 8.0をリリースした。このM…

Oracle社 VM VirtualBox 5.0をリリース (20150824-1)

August 24th, 2015

Oracle社は、type-2の仮想プラットフォームVM VirtualBoxのVer.5をリリースした。今年の4月に発表したベータ版にさらにテストを加え、出荷候補となっていたものが今回製品としてリリー…

Microsoft社 Windows Server2016とSystem Center2016の3度目のテクニカルプレビューをリリース (20150819-2)

August 19th, 2015

Microsoft社は本日、同社のサーバ向けOSWindows Server2016とSystem Center2016の3度目のテクニカルプレビュー(TP3)のリリースを発表した。このMicrosoft…

VirtualizationMatrixからWhatMatrixが誕生 (20150819-1)

August 19th, 2015

当サイトでは、VMware社やMicrosoft社、Citrix社などの仮想化プラットフォームの機能を比較するVirtualization Matrixというウェブサイトについて、これまで何度も言及して…

Linux Integration Services Version 4.0 for Hyper-Vをリリース (20150818-3)

August 18th, 2015

Microsoft社はLinux Integration Services Version 4.0 for Hyper-V(LIS)をリリースした。このLISはHyper-V上で稼働するエミュレートモードとHyp…

Microsoft社 Desktop Optimization Pack 2015をリリース (20150818-2)

August 18th, 2015

Microsoft社は、Desktop Optimization Pack (MDOP)の2015年版をリリースした。MDOPはSoftware AssuranceとしてMicrosoft社の顧客向けに追加費…

Microsoft社 Deployment Toolkit 2013 Update 1をリリース (20150818-1)

August 18th, 2015

Microsoft社はDeployment Toolkitのバージョン2013 Update 1をリリースした。Toolkit (MDT)は、デスクトップとサーバのOS開発を自動化するためのツールセット。MD…

リリース情報: Parallels Access 3.0 がApple Watchをサポート (20150806-1)

August 6th, 2015

Parallels社は8月5日、同自社の製品Parallels Access app for remote accessのアップデートをリリースした。アップデート内容はPCやMacでリモートデスクトップ利用時の…

Citrix社、2015年Q2の業績を発表 (20150731-2)

July 31st, 2015

Citrix社は2015年第二四半期の業績を発表した。
売上高は昨年同期比2%増の797百万ドルとなった。
当期純利益は103百万ドルで、非GAAPベースの営業利益は163百万ドル、142百万ドルだった昨…

Citrix社CEO Mark Templeton氏 退任予定を発表 (20150731-1)

July 31st, 2015

7月28日、Citrixは20年以上在籍したCEO Mark Templeton氏が退任予定であることを発表した。これは突然のニュースであり、米国企業の今後について話題を呼んだ。
Templeton氏のCi…

VMware社:2015年第2四半期決算発表 (20150727-1)

July 27th, 2015

VMware社は2015年の第2四半期の結果について発表した。
同社発表のGAAPによると、合計収益は15億2千万ドルに成長し、前年同期比で4%増加した。ライセンスでの収益は6億38百万ドルとなり、同じ…

Parallels社、Mac Management 4.0 for Microsoft SCCMリリース (20150721-2)

July 21st, 2015

Parallels社はMacコンピュータが利用可能な範囲を拡張したParallels Mac Management 4.0 for Microsoft System Center Configuration Manag…

Gartner社2015 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructureをリリース (20150721-1)

July 21st, 2015

Gartner社はVMware社とMicrosoft社がリーダーにポジショニングしている2015年版 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastruct…

 
アーカイブ